スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道水の弊害とは?

日本は世界でも数少ない水道水飲める国です。
これは政府で水道水の質を管理するガイドラインをしっかりと決めて運営されているためです。

しかしながら、水道水は一定の衛生基準を満たすためにカルキなど塩素殺菌を行って色々な細菌を殺菌しなければなりません。そのため、カルキ臭い・塩素臭いといった事態が生じます。

また、塩素は人体には決して良い影響をもたらしません。
残留塩素は発がん性物質の発生する要因という説も有りますし、農薬も人体に悪影響を及ぼします。
塩素は体内のたんぱく質を破壊してしまいますので、乾燥肌の原因になったり、皮膚炎が悪化し、肌の保水力や保湿力を低下させてしまいます。

さらにさらに、水道水で野菜やお米を洗うと、ビタミンを破壊してしまいます。上述した肌荒れとも似ていますが、人体に必要な栄養分まで塩素は殺菌してしまいます。


対処法としては、ミネラルウォーターを日常使うという方法が最も良いと思われます。最近では家庭用ウォーターサーバーをレンタルしているので、それを使えば、スーパーでペットボトルを買うよりももっと安い費用でミネラルウォーターを使うことができます。また、宅配してくれるので運ぶ必要もなく、非常時にも一定程度水がある状態になり安心です。

また、水道水を家庭で浄水させて塩素を取り除く方法も有ります。いわゆる水道水カルキ抜きです。
>>ポット型浄水器 BWTパーフェクトウォーター
水道水をもとに使うので、いくら使っても気にならない点が良いです。その反面、水道水に放射能物質汚染といったような事態が発生した際には、どうしても使いづらいかもしれません。


※飲料用に水道水を汲み置きする場合には、水道水をそのまま保存した方が長持ちします。飲む直前に煮沸や濾過させましょう。先に蘆花等してしまうと、細菌が繁殖しやすくなり、水が腐りやすくなってしまいます。





スポンサーサイト

| おいしい水ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。